FXのメジャーカレンシーとは?どの通貨のこと?

FXで取引する通貨を知ろう(メジャーカレンシー)。

存在感の大きい1軍選手たち世界中の投資家が比較的多く取引している通貨をまとめてメジヤーカレンシーと呼びます。

一般的にはアメリカのドル(米ドル)、EU圏のユーロ、日本の円、イギリスのポンド、スイスのフランなどを指します。

これらの通貨は市場規模が比較的大きい(流動性が高い)ため、売買も安定しているといわれています。

世界経済はアメリカを中心に回っています。

米ドルは基軸通貨といって、世界中の貿易や取引の基準の役割を果たしています。

それだけに、アメリカの動向は誰もが気にしています。米ドルに次ぐ取引高を誇るのがユーロです。

EUの発展とともに成長してきましたが、近年はイギリスのEU離脱により混乱しています。

イギリスの通貨はユー囗ではなくポンドですが、両通貨とも低迷しているのが現状です。

日本円やスイスフランは景気の悪化や戦争などで先行きが不透明になると買われる傾向があります。

そのため、避難通貨(安全通貨)などと呼ばれることもあります。